高城れに語録 『時間は絶対止まらないから、大丈夫じゃないことなんてないんです』


高城れにちゃんの名言来ました。

『時間は絶対止まらないから、大丈夫じゃないことなんてないんです』

って。

『うわ、すげーわかる!』と思ってたら、周りの人は『ポカ~ン』という状況だったようで、言葉にしたれにちゃんもうまく説明できず、『それは紙面で』ということになってしまいました。

あ、この発言は昨日のUSTの際のものです。59:45あたりから始まります。

川上さんがクイックジャパンでお馴染みの太田出版の勉強会のスピーカーとして呼ばれていて、れにちゃんはゲストとして出演していました。

Video streaming by Ustream

 

前半の『時間は絶対止まらないから』については、解釈は誰もが共通していることでしょう。

問題は、『大丈夫じゃないことなんてないんです』の意味だと思います。二重否定なので結論は肯定に近似ですね。要は大丈夫だということです。

おそらく法学部出身の人はこの類の文章はすんなりと受け止められるのではないでしょうか?古い法律にはやたらと二重否定が出てきますよね(笑)

さて、無駄なことを言わずに解釈していきましょう。

おそらく、れにちゃんが言いたかったことは、

『大丈夫じゃないことが起きたとしても、時間は流れているから、そのことは過去になり、現在進行形で抱える痛みではなくなる』

「高城れに語録 『時間は絶対止まらないから、大丈夫じゃないことなんてないんです』」への2件のフィードバック

  1. 時間が止まらない限り前に進むことができる、だから大丈夫っていう風に解釈しました。自己流に深読みすると、「時間が止まる=失敗して今まで積み重ねてきたものがなくなる(1からスタートみたいなニュアンス?)」という意味で使っていて、積み重ねてきたものがなくなることなんてないから大丈夫だっていう事なのかなとも思いました。QJで真意を知りたいですね。

    1. やはり人によって解釈は違うもんですね~。
      高さんのオリジナル解釈がどうなのかは、おっしゃるようにQJを待たなけれならないようです。
      小説も楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)