枕草子

高城れにと紫色の空 ももクロくらぶxoxo2013年10月14日

当サイトで以前紹介した枕草子の『むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる』は、れにちゃんが見た夕まずめではなく朝まずめです。

どちらの紫も刹那で、朝は陽の光(夏菜子)に、夜は闇(れにちゃんの化身?)に取って代わられます。逆説的に言えば紫の空には希少性があるということで、高城れにが稀有な存在であるということと、深いつながりがあるのかもしれません。

えっ?さすがにそれは言い過ぎ?

ま、そういうことにしておいてください(笑)

 

 

 

 

 ページ当ページをリンクする際にはこちらの短縮URLを使ってください

→ http://xn--fbka9kxj.net/?p=643

 

Twitterボタン
twitter で更新速報してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)