「空のカーテン」タグアーカイブ

ももクロのシングルが『空のカーテン』的なものだったら?季節感って重要だよね


ここのところ毎日10数回聴いている曲があります。

ももクロ(ももいろクローバーZ)『ももいろクリスマス2012 さいたまスーパーアリーナ大会』でお披露目した『空のカーテン』です。

『僕等のセンチュリー』のカップリングといったほうがわかりやすいでしょうか?

この曲、いい曲ですよね~。

 

空のカーテン 動画

 

しかも、ハマっている再生方法は10%のスロー再生です。原曲のままだと少しピッチが早いため、少し遅くしたほうが叙情的になります。

音源も持っているのですが、おすすめはももクリのブルーレイです。曲の終了間際のれにちゃんのアップが実にいいんです。ちなみにこの曲の一つ前は『サンタさん』れにちゃんマジックです。

 

さて、本題です。

もともと好きだった曲なのですが、ここにきてヘビーローテーしているのには訳があります。それは、個人的な理由ではなく、季節が冬になったからです。

日本にずっと住んでいるとあまり気にしないかもしれませんが、日本人のメンタリティーは四季で出来ていると言っても過言で張りません。

例えば、苦しい時のことを『冬の時代』と言いますが、僕がよく仕事で訪れるタイだと、そんな比喩を使っても『ナンデスカ?ソレ?』と、全くわかってもらえません。というのも、凍てつく寒さを経験したことがないからです。

こういった感覚は歌詞だけではなく曲やジャンルにも顕著に現れます。日本ではボサノヴァというと初夏~夏のイメージを持つと思うのですが、タイでは一番寒い時期に聞くことが多いです。もっとも、寒いと言っても25~30度くらいですが(笑)

 

れにちゃん ナタリー
ナタリーさん、お借りしました!
 

GOUNNは夏にリリースしたほうが良かった?

このような季節とのアジャストを考えると、今回のGOUNNは、高揚感のある楽曲であるため、どちらかと言うと夏向きの曲だと思います。または、そうでなくても冬という季節と連動して雰囲気を盛り上げる類の曲ではありません。

GOUNNについては、結果を見ると、季節感などは考慮せずに、表現したかったコンセプトを重視して進めて行ったということなのでしょう。

また、狙いを定めたのは『紅白対策』で、よく揶揄されている『ポスト小林幸子』は当たらずとも遠からずのような気がします。