「ももクロ活字録」タグアーカイブ

ももクロ活字録をWordPressとアドセンスで収益化していたら?


前回からの続きです。前回は小島和宏氏によるももクロ(ももいろクローバーZ)関連本『ももクロ活字録』の読後感想と、Kindle本として電子書籍化していたらどうなったかを考察しました。

結論としては、Kindle本化により、読者は半額以下で本を購入でき、著者は書籍以上の印税収入を手にすることがわかりました。

では、WordPressアドセンスで収益化していたらどうなるのかを考察していきます。連載していた記事だという大人の事情はすっ飛ばすという前提条件は前回同様です。書籍は3万部売れたと仮定して印税は360万円です。

 

Kindle本もなかなかに魅力的でしたが、もしぼくが著者なら、コチラの手法を選択します。

このサイトもWordpressで制作しているブログですが、年間の経費はドメイン代1000円とサーバー代月額1000円の13000円だけです。

サーバーは安いものもありますが、アクセスを考えるとこのぐらいの費用は計上しておくべきでしょう。また、ぼくの場合には同一サーバーに他のサイトも入れていますので、実質は月に100円もかかっていません。そのため、年間経費は2000円ほどです。

ぶっちゃけて言うと経費はたったのこれだけです。あとは一切かかりません。人件費はWordで入力しようがWordpressで入力しようが変わりがないため勘案しません。仮にWordからWordpressに文章をコピペしたとしても、なれない人でも1日あれば作業が終わります。

 

さて、それでは、どのぐらいのページビュー(PV)があればよいのでしょうか?ブログのテーマがアイドルですので、ページのRPMを少し低めの250円と仮定しましょう。これは1000ページあたりの収入を意味します。ざっくり考えて100万PVで25万円の収入となります。

今回の書籍はネットに最適化した記事にすると100ページほどにまとまるかと思われます。書籍と違って無料ですからほとんどのモノノフが閲覧するでしょう。また、その他にも読み物としてモノノフでないアイドルファンやプロレスファンも閲覧に来るはずです。

正直なところ、いったい何人の閲覧者になるのか皆目検討もつきません。おそらくは最初の3ヶ月で30万人は見るのではないかと思われます。 有料のアルバム『5TH DIMENTION』の累計販売枚数が223,192枚なので、妥当な線でしょう。

ただし、無料の読み物であるブログの場合には、アルバムを購入せずにレンタルで済ませた層も読むことができるため、これ以上に膨れ上がる可能性があります。

仮に30万人がブログを読んだとして、脱落していく人もいるでしょうから平均50ページ読まれたとします。すると、単純計算で1500万ページビューとなります。これにRPM250円を当てはめて計算すると375万円となります。最初の3ヶ月で書籍の印税を抜いてしまいますね。

問題は本当にこれだけの購読者がいるのかということですが全く問題ありません。逆に過小評価していると思います。

ぼくが持っている別のブログは1年間で600万ページビューあります。誰も知らない有名人でもないぼくでこのレベルですから、モノノフに名の知れた人が、しかもプロのライターがぼくの10倍のページビューを獲得するなんてそう難しくないはずなんです。