ももクロのプロモーションビデオをワールドタイプにすべし2

そこで、まさに外国人に対してももクロをプロモートするための長編のPVを作れば、ももクロ初心者の外国人の不満足を解消でき、かつ、海外での認知度も上昇します。もちろん、文字情報も併記する必要があります。年月日を明確に挿入することで、コンセプトの流用に対する抑止力にも成り得ます。

直近で話題になっているクレヨンポップ(Crayon Pop)によるコンセプト借用も、クレヨンポップが先にアジア圏でビッグスターになってしまったあとでは、借用云々を訴えても結果的には後の祭りとなるでしょう。けれど、真のPVが存在すれば、そのような不可抗力に対してもオリジナリティーを訴求しやすくなります。

こういった施策は2次使用を認めてコンテスト形式にするのも一興でしょう。日本の著作権法上、どのような制約があるのか定かではありませんが、世界のクリエーターに門戸を開くことで、それ自体がプロモーションに成り得ます。

 

動画配信だけでなくウェブサイトにおいても、運営側はそろそろアジアや欧米進出を視野に施策するべきです。韓国のアイドルのサイトでは4ヶ国語は標準的ですが、ももクロの公式サイトは日本語オンリーですよね?

また、プロフィール画像にドリアンを使用していますが、ももクロ初心者の外国人にとっては不親切極まりない状態です。ももクロには色によるパターン認識という利点があるのですから、しっかりと作りこみを行うべきです。

更に言うと、スマホを使用することを前提とした改行のあり方など、ユーザビリティーをさほど考えてない作りになっていますので、早々に改善して欲しいところです。



当ページをリンクする際にはこちらの短縮URLを使ってください → http://xn--fbka9kxj.net/?p=121


「ももクロのプロモーションビデオをワールドタイプにすべし2」への2件のフィードバック

  1. 海外ノフです。
    まさにおっしゃるとおりですね。世界のももクロを目指して欲しい、またなって欲しいので運営側がもっと積極的に海外対応してもらいたいです。押しつけ的なプロモーションは必要無いと思うのですが、海外からアスセスした人達の為の救済処置的な物を、PVの解放、字幕は欲しいです。
    彼女達は別に英語を覚えるとか特に海外に媚びる必要は無いのでもっと海外の人の目に触れやすい状況だけを作ってあげれば自然と世界から呼ばれると思います。

    1. こんにちは!同じ意見を持っていただけて何よりです。
      日本国内にずっといると、スローガン的に海外進出と言ってみても、具体的な施策を施してないことが多々有りますね。
      やはり最低でもPVの字幕は必要ですね。
      個人的に英語を覚えることはやってほしいと思います。他言語を学ぶと音のとり方や表現も変わってくると思うのです。
      また、とにかくファンとの交流がしやすくなりますし、彼女たちにはオリンピックのホストという大役もから。(なれれば)
      ぼくが運営なら、そこそこ歌の歌える英語の先生をつけるんですけどね~。あまり考えてなさそうですよね(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)