ももクロのニッポン万歳!の世界版をリリースすべし

もっとも、日本人が発音する分には大目に見てくれることが多々あります。それでも、ももクロは一応プロなので、発音に関してはプロとして修練しなければならないでしょう。その点でアジアバージョンは非常に難易度の高いものとなります。

ももクロちゃんたちはおそらくアジアの国名や位置さえも知らない状況でしょうから、歌にして覚えることで各国の特色が知識としても身につきます。地理が苦手な人にも好影響が伝搬するので、早めに取り組んでほしいものです。

 



当ページをリンクする際にはこちらの短縮URLを使ってください → http://xn--fbka9kxj.net/?p=161


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)