crayon pop

ももクロとCrayon Popの語られていない妙な共通点と相違点1

この手の話になると韓国は日本よりもかなり過激で、Crayon Popは極右の力でのし上がったとして、かなりの数のアンチが形成されています。先の大統領選挙の結果を見ればわかるように、韓国では左右の差はさほど無いんです。

そのため、現在の活動曲『빠빠빠(Bar Bar Bar) 』のMV評価は高評価20,000対低評価6,000という散々な状況です。それでも、右派には評価されているため、各チャートの上位をキープしています。

このように、思いがけずバッシングを受けた両グループですが、ももクロの場合と異なりCrayon Popは意図的に日刊ベスト保存所の力を借りたとの見方が有力です。Crayon Popの事務所は小さな事務所で、鳴かず飛ばずだった成績をあげようと、苦肉の策を取ったと推測されています。

少し長くなりそうなので記事を分けます。

つづく

 



当ページをリンクする際にはこちらの短縮URLを使ってください → http://xn--fbka9kxj.net/?p=97


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)