ももいろクローバーZの国際呼称問題


ももクロのタイ進出計画とは直接的には関係ないものの、間接的には大いに関係のある話題なので、途中ですが挟んでおきます。

ももいろクローバーZの国際呼称問題と言っても何のことやらわからないと思いますが、要するに、海外でこのままの名称を使用するかと言う問題です。

『このままで行く!』と言われれば、これから記述することはなんの意味もないのですが、そうも言ってられないと思います。

まず、GILL が英語で『行くぜっ!怪盗少女』を英語でカバーしたことはモノノフの間では周知の事実だと思います。この曲のオリジナルには『ももいろクローバー』との歌詞がありますが、カバーでは『Rosy Pink Clover』となっています。これを元にすれば、現在のももクロのイングリッシュネームは『Rosy Pink Clover Z』となります。

けれど、この名称を使うのは芸がありません。海外の人たちにも少しでも日本語を覚えてもらうために『Momo-iro Clove Z』をそのまま使用したほうが良いでしょう。問題の焦点はそこではなく『Z』にあります。

 

『Z』は日本では『ゼット』と読んでいますが、これはオランダ語由来の発音ではないかと言われています。アメリカに行くと『ズィー』と読みますし、イギリスだと『ゼッド/ゼード』と読みます。(※完全にはカタカナ表記はできないです:汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)