GOUNNをYouTube再生回数で世界一に押し上げろ!世界のももクロNo1は口だけじゃないぞ!


11月3日に行われた第1回YouTube Music Awards(ユーチューブ ミュージック アワーズ)で、韓国のガールズグループ・少女時代(ソニョシデ:소녀시대:Girls’ Generation)のシングル『I Got a boy』のミュージックビデオが、『Artisut of the Year』に選ばれました。

残念ながら日本の楽曲は候補にすら上がっていませんでした。

他の受賞者と楽曲は以下の通りです。

  • Artist of the Year   Eminem
  • Video of the Year   “I Got A Boy,” Girls’ Generation
  • Response of the Year  Lindsey Stirling & Pentatonix, “Radioactive”
  • YouTube Phenomenon  “I Knew You Were Trouble”
  • YouTube Breakthrough  Macklemore & Ryan Lewis
  • Innovation of the Year   DeStorm, “See Me Standing”

少女時代

 

日本と韓国のガールズグループではファンから求められているクオリティーが違うので並列には語れないという意見もあるとは思いますが、世界に出ると同じ土俵で戦う事になり、現在ではYouTubeの再生回数が、そのグループや楽曲の人気を計る尺度となっています。

逆説的に言えば、そのバロメーターにアジャストすれば、世界的な知名度も得られるわけです。それを戦略的に行っているのが韓国だということは周知の事実でしょう。

けれど、僕たち日本人は資本を投下して数値を押し上げることを潔しとしない風潮がありますよね。そして、モノノフもおそらくそれを潔いこととは思わないでしょう。

では、モノノフにできることは何なのでしょうか?

 

目指せ、YouTube再生回数8000万回!

以前書いた記事のGOUNN MVがYouTubeに公式公開されました!ももクロ(ももいろクローバーZ)の最新曲で、以下のように記述しました。

現在のところ、ももクロの再生回数の最高のものは、『行くぜっ!怪盗少女』の24,000,000強です。(2番めが『サラバ、愛しき悲しみたちよ』の2千万弱) 今回は目指せ3千万ですね!

自己新を狙おうと言いましたが前言撤回です。8000万回を狙いましょう。この数値は少女時代の『I Got a boy』 の7400万回を見越しての数値です。

一見、不可能な数値に見えますが、計算してみると意外とそうでもないんです。

 

現在、ももクロ(ももいろクローバーZ)のファンクラブ『ANGEL EYES』の加入者が11万人でしたよね?もっと増えてますか?ま、11万人としておきましょう。

このモノノフ達が1日1回1年間続けてGOUNNMVを見たとしましょう。すると、11万☓365=4015万なのですよ。ということは、ファンクラブ加盟者が1日2回GOUNNを再生すれば1年で8000万回になるのです。

不可能じゃなさそうでしょ?昼食前と夕食前、もちろんあとでも良いのですが、日課にしてしまえばよいのです。全く無料で1日約10分を費やすだけで、ももクロちゃんを世界一に押し上げることができるのです。

今のところ個人的には1日5回は視聴していますが、今後も日々2回以上は再生したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)