ももクロV.S. EXOのXOXO対決に!? MTV EMAの日本代表になったものの前途多難


 ひとまず『2013 MTV EMA (Europe Music Awards)』日本代表としてフェーズ2に進むことになったももクロ(ももいろクローバーZ)

次は韓国のEXOとガチンコ対決です。これを制したら世界の各地域の代表となれます。その枠は10です。

けれど、これが前途多難なんですよ。

 

EMA2013

 

EXOは多国籍グループ

EXOについてはK-POP愛好家でない人は知らないと思います。彼らは韓国人8人と中国人4人の計12人で構成されているグループで、6人づつに分かれて、韓国ではEXO-K、中国ではEXO-Mが活動しています。

これだけ書けばわかりますよね?

EXOは中国からも韓国からも普通に得票を得られることができるのです。韓国の得票だけでも、プログラミングをされたらとても厄介なのですが、中国はなんてったってあの人口ですから、自然投票でもものすごい数になることが予想されます。

中国で活動しているEXO-Mは、韓国語の楽曲で活動しているわけではなく中国語で活動しており現地化も図られています。そのため、莫大な票を得ることが予想されます。

 

韓国では、数カ月前に音楽番組で1位を取ったりと、熱狂的な支持を受けていましたが、現在活動の空白期間中です。そして、明後日10月27日に東京ドームで行われるSMタウンライブのために現在日本に来日中です。

唯一の救いが上記の空白期間中であるということです。活動期間中に各メディアで得票を呼びかけられていたら、完全にアウトだったと思います。

 

実は日韓XOXO対決!

今年の6月にリリースされたEXOのファーストアルバムが、奇しくもももクロのラジオ番組の名称とかぶるXOXO (Kiss&Hug)です。

「ももクロV.S. EXOのXOXO対決に!? MTV EMAの日本代表になったものの前途多難」への2件のフィードバック

  1. それは違うかも。
    中国での投票率はそう多くないと思うんです。
    インターネットの普及率が低いから。(としても確実に中国が多いのは事実ですね。)
    後は世界人が判断してくれますね。
    人口数を論ずるのは負けた時の口実に過ぎないんです。

  2. そして中国代表はChris Leeですね。
    EXOに投票するとしても、さすがにEXOへの投票率は少ないと思うんです。

    ももクロはもう負けてしまいましたが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)