ももクロ夏のバカ騒ぎを、なぜフジテレビ系列で先行放送するの?


『フジテレビNEXT秋のももクロ祭り!!!~秋の夜長にマルっとそのハートいただきますっっっ!!!SP~』として、『ももいろクローバーZ ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会』がフジテレビ系列で放送されることになりましたね。

スケジュールは以下のとおりです。

  • 9月22日(日) BSフジ    21:00~21:55(55分)
  • 10月06日(日) フジテレビNEXT  19:00~21:00(120分)

どうして先行放送するのでしょうね~?

NHKBSで『ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」』の先行放送が同様に行われ、DVDやBlu-rayの販売数に少なからず悪影響が出ているのは周知の事実です。実際にネットでの書き込みでも、『NHKを見たからBlu-rayは買わなくていいや』的な発言が目立っていました。

安易な結論を言えば双方の利害関係が一致したからにほかなりません。

スターダスト側はBlu-ray等の売上が減少するのを覚悟して、コンテンツを提供しているはずです。もちろんその分はコンテンツ使用料またはそれに同等する確約をフジテレビ系から受けているものと思われます。

フジテレビ側の狙いはフジテレビNEXTの会員獲得にあるのでしょう。ももクロのライブはももクロの一挙手一投足を追いたいモノノフにとってはキラーコンテンツです。十分に新規顧客獲得のコンテンツと成り得ます。

まずは無料のBSフジでトライアル層を刺激します。ここで、BSフジの放送時間が55分なのがミソなのです。4時間以上あったライブの55分しか見ることができないというのは、見込み客の飢餓感を煽る絶妙なレングスでしょう。そして、第二段階として120分のコンテンツを用意します。けれどこれは月額1260円の有料コンテンツです。

スカパーやケーブルテレビに加入していることが前提ですが、1260円で1ヶ月だけ契約して120分のライブを見る事もできます。Blu-rayを購入することを考えると費用対効果ではお得です。ただし、これにはある意味ワナが待っています。解約を忘れてしばらく月額料金を払い続ける可能性があるのです。

これについては個人的にも身に覚えがあります。契約の時は確固たる目的があるため簡単にハードルを飛び越えるのですが、解約となるとめんどくさくなるんですよね~。このあたりのデータはCS側は持っているはずです。ちなみに、半年間放置すると7560円かかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)