GOUNNの歌詞は平家物語の本歌取りもあるんだね。盛者必衰、でもお断り!


GOUNNを聴いていて少し歌詞解析をしてみました。『えっ、何これ?』と、思った箇所が、杏果とれにちゃんが歌う部分の『盛者必衰、でもお断り』というところでした。

ここだけ明らかに歌詞のグレードが落ちてるし、結構いいかげんな歌詞だなと思ったのです。

けれど、数10秒後に『ああっ、なるほどね~』と、安易に作られた歌詞じゃないことがわかりました。

本歌は平家物語にあったのです。

 

平家物語の冒頭の『祗園精舎』を見てみましょう。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。

奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。

 

夏菜子のためにふりがなも!

ぎおんしょうじゃのかねのこえ、しょぎょうむじょうのひびきあり。

さらそうじゅのはなのいろ、じょうしゃひっすいのことわりをあらわす。

おごれるひともひさしからず、ただはるのよのゆめのごとし。

 

このくだりは、広島在住者でアラサー以上なら結構覚えている人もいると思います。新・平家物語という広島銘菓のCMで何度も聞かされたので、自然に覚えているんです。『奢れる人』は『奢れる者』だったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)