GOUNNの作曲はヒャダインだったりしてと思ってみたり、まさかね


 まさかの、まさかねシリーズ第2弾です。

ももクロ(ももいろクローバーZ)の新曲GOUNNの耳コピが何件かYouTubeにアップされていますが、かなり実際に近いと言われているものがアップされました。

ある程度才能のある音楽家なら、音を聞きながら譜面を起こせるのですよね~。その人にとっては筆記と同じ感覚なのでしょうが、その才能は羨ましい限りです。

さて、これがその動画です。

 

 

最初に聞いた時にはアレサ・フランクリン『I say a little prayer』を思い出しました。イントロからAメロに移行する感じがそう思わせたのですが、曲全体は似ていません。

若い人は彼女のことをあまり知らないかもしれませんね。杏果も知らなかったとブログに書いていたぐらいですので。形容するなら、『Queen of Soul』『生ける伝説』といったところでしょうか。

僕が洋楽を聞いていた中学生の頃は、まだまだ現役で、ヒットチャートに入ってきていました。『Freeway of love』なんてかなりヘビーローテーションしました。懐かし~!

 

話をもとに戻しましょう。

 

曲全体の第一印象は『節操ないな~』と言うイメージです。決してネガティブな意味で言っているわけではなく、曲調の変化がスッキリしておらず、いろいろな曲をつなぎあわせたような印象を持つときに、僕固有の見解として『節操の無い』と表現しているだけです。

お母ちゃんたちの下世話な井戸端会議と同じようなイメージかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)