ももクロの新曲GOUNNって『前略、道の上より』に似てるよね


 GOUNNのオフボーカルバージョンが無料で配信されているので、ダウンロードされた方も多いと思います。

曲は既聴感(デジャ・アンタンデュ:Deja entendu)満載ですよね。

個人的には『前略、道の上より』に似ていると思います。似ているというより、この尺の長さはちょっとやばいレベルです。4小節でしたっけ?基準って(汗)

 

 『前略、道の上より』の歌い出しの部分、

『咲き誇る花は 散るからこそに美しい、散った花片(はなびら)は あとは土へと還るだけ』

のところがドンピシャで一致するんですよね~。

特にGOUNNの5:00からのリフレインの部分を、音楽を流しながら口ずさんでみてください。アラフォー以上の人は練習しなくても歌えると思います。

 

常にアイドルの楽曲はオマージュとパクリの間に立たされるわけですが、GOUNNに関しては、意図してやったのかもしれません。

というのも、この歌を歌う『一世風靡セピア』ですが、もともとはストリートでパフォーマンスをしていて、そこからのし上がった集団です。

母体が演劇集団ということもあり、彼らは本来役者です。哀川翔柳葉敏郎というメンバーを見ても、そうだとわかるでしょう。

彼らが寸劇を披露していた場所には『NHKホール前』もありました。そう、ももクロがインディーズの頃に歌っていたあの場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)