高城れに

高城れに特集がないQuick Japan(クイックジャパン)のなぜ?


遅ればせながらQuick Japan(クイックジャパン)の百田夏菜子特集号(クイック・ジャパン 109)とももクロ活字録 ももいろクローバーZ公式記者追っかけレポート 2011~2013
を購入しました。というかポイントでゲットしました。

とりあえず前者はすぐに読み終わり、活字録の方は途中です。

本来、この手の書籍は買わないアンチペーパー派なのですが、ももクロ関連本がどのような体裁で書かれているのか知っておこうと思いゲットしました。

高城れに

そもそも、紙媒体というのはすでに役目を終えていると思うのですよ。特に文字情報は。電子モノにして安価に提供するべきなんですよね。写真については未だに明らかに紙のほうが美しいため、写真集に紙を使用することは賛成ですが、文字なんてどっちで読んでも変わりませんからね。

現在は旧態依然とした紙関連の業者の延命期間中ですが、あと十数年でかなりの割合で電子版に移行しそうです。そうすればプリント代も紙代も製本代もかからないので、安価に情報を提供でき、ファンは無駄に散財しなくて済むようになります。

クイックジャパンを読んでいて、個人的に文章の書き方が好みでないと思っていたのですが、ももクロ活字録も同じ小島和宏氏の文だったので『やっちまった!』と思ってしまいました(汗)

通常、誰かがももクロちゃんを礼賛する映像なり文章なりを目にすると、涙が出てきそうになるのですが、彼の文章にはそういった感動があまりなく、『オレがオレが』的なものが垣間見えるんですよね~。

もちろん、他の方のももクロ礼賛も『オレが感動した』 という視点のものが多いのですが、自然と感情がシンクロして泣けてくるんです。

けれど、小島和宏氏の文章には個人的にそれが感じられませんでした。ま、きっと好みの問題ですのでしょう。ザッハトルテが好きかタルト・オ・フレーズが好きかのレベルです。

 

さて、本題に戻します。

なぜ、Quick Japan(クイックジャパン)は高城れに特集をしないのでしょうか?さすがに紙媒体を買わない僕でも、れにちゃん特集号なら予約してでも買いますよ。

「高城れに特集がないQuick Japan(クイックジャパン)のなぜ?」への10件のフィードバック

  1. れにちゃんインタビューは個別インタビューを纏めた別冊でやるということを24時間USTでQJ編集長が言ってましたが、ご覧になってないのでしょうか?そこでなぜやってないのかも語ってらっしゃいますので、ご確認ください。

    1. もちろん見てますよ!それ以降のUSTで夏菜子がれにちゃんをフォローしたのも。
      24hでの言及を言葉のままに受容するのは簡単なことです。
      過去において他のメンバーは複数回特集が組まれているのに彼女の特集が組まれてないのが事実です。
      その事実が何を意味するのかを多角的に判断するべきでしょう。

  2. まず、Quick Japanといえばサブカルです。
    ですから、れにちゃんより知名度が全然無い方のインタビュー記事も、過去には山ほど掲載されているんですね。

    夏菜子特集号新規の読者さんならいろいろ想像されるのは当然だと思いますが、USTで説明した事情には説得力がありましたし、今更ながら月刊誌ではない発刊ペースでは、ももクロちゃんの成長スピードに追いつけないことを実感します。
    あと、過去の記事を読んでいれば分かるんですが、グループインタビューでたかさんだけほとんど喋ってなかったりするんですね。さすがに特集するのは、他のメンバーから・・・ってこともあったのかもしれません。

    ちなみにQJ102号のももクロ特集号以降の関連記事は、
    103号ももクロ
    104号あーりん
    105号杏果
    106号あかりん
    107号しおりん
    108号あーりん
    109号夏菜子↑↑
    の順です。
    その時々に旬の「事件」があったメンバーインタビューが優先された結果、最も人気のあるはずの夏菜子を総力特集用に温存したように、さらに破壊力のあるれにちゃん特集は次回のももクロ別冊用に取っておいているんだと前向きに考えましょう。

    最後に、管理人さんは紙媒体を真っ向から否定されているようですが、米子の夜の一件は紙媒体だからこそ出てきたインタビュー記事だと私は思います。フットワークの軽いデジタル記事は勿論大切ですが、実体として形に残る、重みのある紙媒体の記事も、味のあるものだと私は思います。

    1. 『あーりんは3回』とれにちゃんが言っているので、98号もカウントしておくべきでしょう。
      ぼくの結論はブログの文中の『ま、けれど、いいんです』なので、ほんと別にいいんです(笑)
      けれど、少なからずれにちゃん推しの方たちは思うところがあるようです。
      詳細は右カラムのおすすめリンクの『高城観察ブログ れにっ記』の記事や書き込みをご覧になってください。

      ぼくもQuick Japanはサブカル誌と認識していましたが、アイドルのど真ん中のトップランナーが表紙というのはデカルチャーでした。
      隔月発行でQuick・・・なんだか悪口になっちゃいますので、この件についてはここらへんで口を閉じます。

      紙媒体に否定的なのは、基本的にぼくが旅人だからです。それと、再販制度のような旧態依然とした悪習に守られているというのもあります。
      もちろん紙にも利便性は有ります。けれど、重いのでだいたい現地で捨てて帰ります。
      そして海外で本を買うとものすごく高いんです。週刊誌が航空便でやって来て倍の値段になるし、数日遅れるなんてナンセンスなんです。
      だから嫌いなものになってしまいました。
      おそらく紙については世界の中で日本が最後まで抗う国になるでしょうね。

  3. >9/12現在の読者数ですが、れにちゃんのブログの読者数が一番少ないです。
    >百田夏菜子:26645
    >玉井詩織:19817
    >佐々木彩夏:19203
    >有安杏果:19739
    >高城れに:15339
    めんどうなんで数字は検証してないんですが、どうしてももかの方が数字が大きいのに
    あーりんの方を上に書いてるんですか?実際の数字はももかの方が下?
    無意識に 2推しがあーりんなの?別の意味づけの順番?

    ももクロ活字録で氏は、あーりん推しだったと書いていたような気がするので
    あーりんの特集が多いのはまぁ納得。推されたい推しなので自分も早くれにちゃんの特集が読みたい。

    1. 2推しはしおりんなのでそれが理由ではありません。
      無意識のうちに推され隊をセットにしたものと思われます。(笑)
      れにちゃんの件については近日中に新たな提案をします!
      あ、氏は編成の権限はないとおっしゃってたので、記事の掲載は編集長次第のようですね。

  4. はじめまして、ももクロ侍さんのサイトで目にはしていましたが訪問させていただくのは初めてです。

    れにちゃん推しのサイトだったので今後はお気に入りに追加し、訪問させていただきます。

    QJの特集についてれにっ記でもコメントしているんですが、1冊分の特集が出来上がることをとりあえずは気長に待つことにしました。
    ちなみに活字録買いましたが目次を読み、れにちゃんの内容がなさげだったので、読まずにやめました。入り込めなそうで・・・。結局は作者の感情だけなような気がして・・・。

    長文失礼しました。

    1. こんにちは。
      れにちゃん推しの輪が広がりますね!
      QJについては待つしか無いのでしょうね。
      文章というのは音楽同様好みがありますから、本当は書店で内容を確認するのが良いのかもしれませんね~。
      ぼくも買ったあとに『ううう』となったクチでしたから(笑)

  5. QuickJapan112号、高城れに特集、ついに出ましたね(パチパチッ!)。「生まれつきの笑顔」、いいタイトルだなあ。
    昨日、横アリでのバレンタインイベントに向かう道すがら読みましたが、あっという間に新横浜。なぜかちょっと涙目で危うく乗り過ごすところでした。
    基本赤推しですが、いやあ、れにちゃんもいい!敬意を表してペンライト2本分はずーっと紫に固定させていただきました(笑)。

    1. もう読まれたのですね!
      うちはアマゾンからまだ届いてないです(泣)
      読み終わったら読後感想書いてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)