怪盗少女のえびぞりジャンプの代替案を考えてみた


ももクロ(ももいろクローバーZ)のアイキャッチとなったモノといえば行くぜっ!怪盗少女百田夏菜子によるえびぞりジャンプですね。

昨今では夏菜子の腰の負担を危惧するモノノフの声が多く聞かれます。体のケアさえしっかりすれば、年齢的にも5・6年は十分にできると思いますが、こればっかりは本人にしかわかりません。

そこで、今回はえびぞりジャンプの代替案を考察してみます。

しおりん

えびぞりジャンプは、ライブで毎回見てみたいものですが、夏菜子のコンディションが悪い時もあるでしょうから、ここは保険の意味合いも含めて、しおりんに大役を担ってもらいます。

しおりんといえば画像のようにカモシカもびっくりの長い足が特徴です。何なんでしょうね、この美しさは!?そして、2012年の男祭りでも披露したように、美しすぎる蹴りも持っています。

それゆえ、えびぞりジャンプに匹敵したインパクトを残せるのは、彼女の足技しか無いと考えました。

下の動画は男祭りの練習風景です。(探せばあるものですね~)

 

足技と言っても多種多様なものが有りますよね。どの格闘技のものを取り入れるのか迷うところですが、色々と考えた結果、カポエイラがいいんじゃないかと思います。

2014年にはワールドカップ、2016年にはオリンピックが開催される旬な国ブラジルの足技ですから。見栄え的にテコンドーも思い浮かびましたが、なんとなく却下です。やっぱりブラジルでしょう!カポエイラはダンスの要素もあるので、トライしておけば今後の振付にも生かせそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)