ももクロ活字録

ももクロ活字録をWordPressとアドセンスで収益化していたら?


前回からの続きです。前回は小島和宏氏によるももクロ(ももいろクローバーZ)関連本『ももクロ活字録』の読後感想と、Kindle本として電子書籍化していたらどうなったかを考察しました。

結論としては、Kindle本化により、読者は半額以下で本を購入でき、著者は書籍以上の印税収入を手にすることがわかりました。

では、WordPressアドセンスで収益化していたらどうなるのかを考察していきます。連載していた記事だという大人の事情はすっ飛ばすという前提条件は前回同様です。書籍は3万部売れたと仮定して印税は360万円です。

 

Kindle本もなかなかに魅力的でしたが、もしぼくが著者なら、コチラの手法を選択します。

このサイトもWordpressで制作しているブログですが、年間の経費はドメイン代1000円とサーバー代月額1000円の13000円だけです。

サーバーは安いものもありますが、アクセスを考えるとこのぐらいの費用は計上しておくべきでしょう。また、ぼくの場合には同一サーバーに他のサイトも入れていますので、実質は月に100円もかかっていません。そのため、年間経費は2000円ほどです。

ぶっちゃけて言うと経費はたったのこれだけです。あとは一切かかりません。人件費はWordで入力しようがWordpressで入力しようが変わりがないため勘案しません。仮にWordからWordpressに文章をコピペしたとしても、なれない人でも1日あれば作業が終わります。

 

さて、それでは、どのぐらいのページビュー(PV)があればよいのでしょうか?ブログのテーマがアイドルですので、ページのRPMを少し低めの250円と仮定しましょう。これは1000ページあたりの収入を意味します。ざっくり考えて100万PVで25万円の収入となります。

今回の書籍はネットに最適化した記事にすると100ページほどにまとまるかと思われます。書籍と違って無料ですからほとんどのモノノフが閲覧するでしょう。また、その他にも読み物としてモノノフでないアイドルファンやプロレスファンも閲覧に来るはずです。

正直なところ、いったい何人の閲覧者になるのか皆目検討もつきません。おそらくは最初の3ヶ月で30万人は見るのではないかと思われます。 有料のアルバム『5TH DIMENTION』の累計販売枚数が223,192枚なので、妥当な線でしょう。

ただし、無料の読み物であるブログの場合には、アルバムを購入せずにレンタルで済ませた層も読むことができるため、これ以上に膨れ上がる可能性があります。

仮に30万人がブログを読んだとして、脱落していく人もいるでしょうから平均50ページ読まれたとします。すると、単純計算で1500万ページビューとなります。これにRPM250円を当てはめて計算すると375万円となります。最初の3ヶ月で書籍の印税を抜いてしまいますね。

問題は本当にこれだけの購読者がいるのかということですが全く問題ありません。逆に過小評価していると思います。

ぼくが持っている別のブログは1年間で600万ページビューあります。誰も知らない有名人でもないぼくでこのレベルですから、モノノフに名の知れた人が、しかもプロのライターがぼくの10倍のページビューを獲得するなんてそう難しくないはずなんです。

「ももクロ活字録をWordPressとアドセンスで収益化していたら?」への4件のフィードバック

  1. ほんと、どうでもいいですけど、BUBUKAの連載を纏めた書籍を、
    「連載していた記事だという大人の事情はすっ飛ばすという前提条件」
    じゃ話にならないでしょw

    出版業界からの依頼で原稿料を稼いでる人に、既存の紙媒体とは袂を分かってネットヒーローになれ、なぜならそのほうが儲かるからって、それはあまりにめちゃくちゃな人生指南ですわw
    ほんと、大きなお世話ですよ。
    大体、小島氏が個人で『ももクロの名前を利用して』ネット広告で金儲けを始めたって知ったら、kwkmさんはどう思うかなぁ。小島さんは信頼を失って、今のようにももクロと近い位置で仕事をすることは、出来なくなるでしょうね。

    1. ライターと出版社の個別の契約がわかるまでもないからそう書いたのです。
      文章は完全買い取りなのか、書籍化以外の本人による二次使用が可能なのか不可なのか。
      その辺りの契約条件は本人にしかわからないことですから。
      あなたは中の人なのでしょうか?中の人でも公言はできませんね。

      出版業界はWEBの世界にも生き残りをかけて進出してきています。
      現にBUBKAは今年の4月にドメインを取得して公式WEBを立ち上げています。
      そこには小島さんのももクロの記事があります。書籍の208~212Pまでと全く同一の文章です。

      そして、アドセンスだけでなく、AmazonとA8の広告まで貼ってあります。実に6箇所以上も!
      小島さんの取材記事によるWEB広告を使用したマネタイズです。
      ぼくの提案と同じ形態です。

      >大体、小島氏が個人で・・・
      個人であろうと法人であろうと営利目的を行う法的人格に変わりはありません。
      あなたの理論だとWEBによる音楽ポータルサイトのナタリーはももクロに取材ができなくなりますよ。
      ナタリーのビジネスモデルは、あなたの否定する広告掲載と記事の二次使用許諾によるマネタイズです。
      ナタリーはアドセンスに類似したマイクロアドをサイトに貼り付けています。

      書籍によるマネタイズもWEBによるマネタイズも営利目的です。
      ももクロに取材に来る方々はボランティアじゃありません。自分が関わる媒体の利益を上げるために、マネタイズするために来ているんです。
      その多くの方々がももクロの虜になりモノノフ化していることでマスクされていますが、営利目的でやって来ているのです。
      繰り返し言いますが、あなたが指摘する『ネット広告で金儲け』と書籍化による金儲けは、まったく同じ性格のマネタイズです。

      どうやらあなたとは夏菜子的にいう「辻褄が合わない」ようです。
      類似の記事も書いていきますし、今後、当サイトを閲覧なさらないほうが精神衛生上良いかと思われます。
      IP、チェックしておきますね。

      1. はじめまして。アメリカで働きながらジャーナリズムを学んでいるKingnatです。考察を非常に興味深く拝察いたしました。
        サイト内でご指摘されているようにアメリカの既存のペーパージャーナリズムは崩壊の一途をたどっています。新聞然りマガジン然り。そしてプロの物書きのレイオフのスピードも比例しています。
        彼らは活躍の場をネットの世界に移し、アドシステムを利用したマネタイズを行い個人で数十万ドルを受け取っているジャーナリストもいます。
        日本はアメリカの後追いで社会構造が変化することが多いため、10年ほどするとアメリカと同様の状況になるかもしれませんね。アメリカという先例があるため反面教師として対処スべきでしょう。

        最初にコメントを書かれた方は、考察に多角性がなく批判だけで代替案がないところを見ると学生さんでしょうか。見事に論破されていてかわいそうな気もしますがこれもまた勉強でしょう。モノノフ同士できれば仲良くといいたいところですが、どの世界にも相性問題はありますから、致し方ないことです。

        海外在住時には書籍購入の困難さと出費に頭も痛く、電子書籍やネットでの無料公開によるマネタイズに優位性があると記述されている管理人様の見識に激しく同意いたします。ネット環境さえあれば即時に情報収集できる状況、且つ、ライターがマネタイズできるシステムこそ正義です。
        長文失礼いたしました。

        1. こちらこそはじめまして!
          こうして現地にいる方から生の情報を聞くと、切迫感を感じます。

          それにしても、成功しているジャーナリストは個人で数千万円の収入を得ているとは。
          アメリカはスケールメリットがあるから、成功すると3倍の収入になりますものね~。

          >批判だけで代替案がない
          昔、上司から叩きこまれました。代替案のない批判には一銭の価値もないって。
          それ以来ぼくも肝に銘じています。

          紙によるノスタルジーってレコードの時と似てますね。
          最近ではCDをも日本人は固守しようとしていて・・・。
          日本は構造変化が遅くて、先進性において他のアジア諸国にも負けてる部分が多々ありますし。

          国境のないはずのWEB環境に構造変化に非対応であるための障壁があることは、海外にいるとよくわかりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)