ももクロもページビュー戦争に突入か?PVを制すものは世界を制す?


若干昨日の記事の続きでもありますが、今日はももクロ(ももいろクローバーZ)ページビュー戦争について取り上げていきます。

ページビューとはアクセス数として紹介されることがありますが、最近ではページビューという言葉のほうを主に使用します。

というのも、アクセス数と表現した場合は、何人の閲覧者がサイトを見たかをカウントするユニークアクセス(UU)と、何ページ閲覧されたのかをカウントするページビューのどちらなのかがはっきりしないためです。

ユニークアクセスとページビューの関係は、簡単に言うと、100人が3ページづつ閲覧した場合、この100人がUUで、100☓3の300がPVとなります。

ももクロ
なんやかんや言って、3ショットの中ではこの組み合わせが一番多いよね!

 

さて、昨今ではやたらとZ女戦争・・・じゃなかった、『ページビュー戦争』という言葉が飛び交っています。スマホが普及したことにより、サイトの閲覧の分母が飛躍的に向上したのに端を発し、それを取り込むことがマネタイズにつながるということで、本当に戦争の様相を呈しています。

まさに、『PVを制すものは世界を制す』といったところで、現在日本では絶対王者としてYahoo!が君臨しています。

いまいちピンとこない方は、テレビの視聴率を思い浮かべてください。視聴率=PV数ではありませんが、似たようなものとして捉えるとつじつまが合ってきます。

PVが増えていくと、それに比例して全閲覧者に対しての占有率も増加します。人口が増えない状況においては、個々の処理能力、例えば文字を倍の速度で読むことができるというようなことが起こらない限り、一定のPV数の占有率の奪い合いが生じます。現状がまさにそうです。

このことがももクロちゃんに関係があるのでしょうか?

実は大いに関係があるんです。

 

僕達ができることはファンサイトを増やすことだ!

先述したようにPVには視聴率に類似した効果があるため、増えれば増えるほど認知度も上がっていきます。そのゆえに、ももクロちゃんを押し上げるにはPVという要素はかなり重要なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)