ももクロのサイリウム数カウントの留意点は?


ももクロ(ももいろクローバーZ)のライブと言ったら5色に光るサイリウムですよね~。

特に、メンバーカラーに色分けされていることもあり、モノノフの間でも、どの色が多いのかということを議論することも多いですね。

そこで、どの色が多いかの精査は別として、光学の視点でその議論の材料を提供しようと思います。そんなに難しい話ではありませんよ!

サイリウム

この手の話をするには、この図をお見せするのが一番です。というわけで、可視光線(かしこうせん)の配列表をご覧ください。

可視光線

細かい波長のお話は、別サイトのブルーライトとは?をご覧いただくとして、ももクロの各メンバーカラーを波長の短いものから並べると、となります。

色(可視光線)というのは波長の長いもの、赤や黄色のほうが視認しやすい色になります。この表の右半分を見ると、信号機の配列と同じだと気づくと思いますが、信号機は右から視認しやすい色が並んでいるのです。

ここで僕が声を大にして言いたいのはれにちゃんカラーの紫の視認性が極端に悪いということです。これは、波長が短い光線だからで、暗がりにももクロちゃん達がいると、れにちゃんの服の色だけわかりにくいという現象も起きるのです。

さらに、緑は赤やピンクの補色に近いまたは補色のため、これらの色と一緒にあると結構目立ちます。

「ももクロのサイリウム数カウントの留意点は?」への1件のフィードバック

  1. 演出等で光が当たっているときは黄色緑色がはっきり見える印象ですね。
    ペンライトはそもそも色ごとに光量が違うので、ここのサイトを見てもらえれば、以外と赤色の照度が少ないことも分かります。このサイトでは、照度の低い順で言うと、赤紫ピンク緑黄でしょうかね。ただ、暗いと赤が目立ったりするので、よくわかりませんね(笑)それから、赤ピンク紫は判別しづらいですよね。
    http://monta.moe.in/wp/2012/07-20/23-59_1002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)