NO IMAGE

ももクロにおける機会損失と逸失利益


商売をやっている人なら気になってしょうがないももクロ(ももいろクローバーZ)における機会損失と逸失利益について、少し考えてみます。

ももクロちゃんたちとライブビューを楽しむ『第1回 ももクラシック in 武道館』でもかなりの落選祭りが起きているということですが、ライブアイドルがライブをしないイベントでこのような状況が起きるなんて、改めてももクロのすごさを認識させられたところです。

ここで少し冷静になって考えると、落選祭りということは、キャパシティーさえ整えば得られたであろうチケットの売上をみすみす逃しているということです。物が売れなくて困っている零細企業は、ももクロを羨望の眼差しで見ていることでしょう。

今回の『第1回 ももクラシック in 武道館』はチケット代が3800円と安価なため、ももクロとしては逸失利益は少ないものの、仮に1万人が抽選に漏れたとすると、3800万円の売上を逸失したことになります。

これを先日の日産スタジアムでのライブに当てはめるとどうなるでしょう?少なくとも2万人は落選に涙したのではないかと思われます。すると、2万☓8,900円=1億7千800万円の逸失となります。

ももクロのライブの利益率がわからないため、逸失利益は算出できませんが、ほとんど食いっぱぐれのない状態でライブを開催することができれば、年間売上で10億円の差は出ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)