激おこ しおりん

ぴあが『ももクロぴあ』の発行部数を過小報告して、印税を過小に支払おうとしていたとは!


 よりによって発行部数が突出しているであろうももクロ(ももいろクローバーZ)相手に、ぴあが発行部数を過小報告して印税を過小に支払おうとしていたとは!

実際は10万部発行しており、その部数分の印税をスターダストに支払わなければならないのに、6万部しか発行してないことにして、その差の4万部分の印税支払いをしないようにしていたとのこと。

激おこ しおりん

ももクロちゃんたちが見たらむっちゃ悲しがりそうなニュースです。

ニュースになったということは単なる過失ということでもなさそうですよね。事務処理上のミス等だった場合、双方の話し合いかぴあの謝罪で解決するでしょうから、ぴあ側の何らかの欺瞞行為があったように思えます。

事務所側の印税というのは、通常の小説等の契約とはまた違うのでしょうね。ちょっと内情はわかりませんが、仮に10%とすると、980円の4万部ですから、3,920,000円です。(※しばらく、ひとけた少ない金額を記述していました。アンドロ羊さんに教えていただきました。)

印税契約によって差異が生じますが、はっきりいってはした金ですよね?この程度の額で信用を失うなんて馬鹿げています。

単なる行き違いということであれば、謝罪した上で『ももクロぴあVol.3』も発行されるのでしょうが、スターダスト側が今後取引しないといえば、ぴあは上得意様を失うこととなり、かなり痛いダメージを被りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)